Logo
Print this page

JESUS CEPEDA

JESUS CEPEDA

Jesus Cepeda  ヘスス・セペダ

プエルトリコ最古の音楽のひとつ「ボンバ」を継承するファミリーに生まれる。 父Rafael Cepeda がボンバを民族音楽としてまとめ世界に広めた。 ボンバの発祥は17世紀植民地時代に遡る。
西アフリカから運ばれてきた奴隷とその子孫たちにより、Loizaなど植民地農園で奴隷たちの精神的よりどころとして伝えられた。奴隷の怒りと悲しみを表し、反乱や暴動の触媒となり、アイデンティティを形作った。
アフリカの原始宗教を禁じられた黒人奴隷は、キリスト教のセントジェームスを称える祭りで、伝統的マスクを被りボンバを興じた。このマスクVejiganteは悪霊を払うとされる。 ボンバは、lainaと呼ばれる女性のソロの歌声で始まる。
ボンバを率いるのはダンサーで、女性はスカートをひるがえし、男性はパナマ帽を使い、ドラム演奏者にメッセージを送り、激しいコール&レスポンスの応酬が繰り広げられる。

FaLang translation system by Faboba
© 2010 - 2019 Twin Planet Communications, Inc.